ピリ辛でやみつき!
カシューナッツとじゃこの炒めもの

韓国の「パンチャン(副菜)」の定番の一品。作り置きしておくと、ご飯のおともに、おつまみにと重宝します。
韓国では大きくて歯ごたえのあるじゃこを使いますが、日本では一般的なちりめんじゃこでOK。
小魚特有のうまみと、ナッツの食感、ほどよいピリ辛味がなんともあとをひくおいしさです。

지 김민정

ジ・ミンジョン지 김민정

韓国・ソウル出身。
ソウルの日本航空JALで勤務をし、「一瞬一瞬を大切に、お客さまを想う気持ち」を軸とする最高のホスピタリティを学ぶ。2009年より東京そして釜山にて韓国料理教研究家としての活動を始める。2016年から東京の専門学校で調理の授業を担当する。今も継続中。

Recipe

材料(4人分)

  • 60g
  • ちりめんじゃこ※
    50g
  • 大さじ1
  • サラダ油
    大さじ1
  • 白いりごま
    適量
  • 【A:合わせ調味料】
  • はちみつ
    大さじ1
  • しょうゆ
    大さじ2
  • 砂糖
    大さじ2
  • ※写真は韓国産の大きなものを使用

作り方

  1. フライパンにサラダ油、ラー油を中火で熱し、ちりめんじゃこ、カシューナッツを入れて炒める。全体に油が回り、香りが立ったら、バットなどに取り出す。
  2. 同じフライパンに〈A〉の材料を入れて中火にかけ、混ぜながらひと煮立ちさせる。火を止めてを戻し入れ、つやが出るまでよくからめる。器に盛り、白いりごまをふる。

日本(左)と韓国のじゃこ(右)の比較。
韓国のじゃこ(ミョルチ)は大きくて硬め。
このレシピは田作りとは違ってラー油がポイント!ピリ辛があとを引く味となります。

使用した調味料

カシューナッツ

カシューナッツ

80g

香ばしく、ほんのり甘みのあるカシューの種子です。ローストしていないので、炒めるなど加熱してからお使いください。

詳しくはこちら
ラー油

ラー油

55g

唐辛子を中心に八角や桂皮など、数種の香辛料を植物油でじっくりと煮出し、深い辛味と香りのあるラー油に仕上げました。

詳しくはこちら
韓国の他のレシピを見る 他の国のレシピを見る おいしい世界ごはんへ戻る

SnapDishでみんなが作った世界ごはんのレシピが続々投稿中! SnapDishでみんなが作った世界ごはんのレシピが続々投稿中!